My Sugar Life vol.1

*sweets & peace always* 京都のパンや甘味&大阪市北区西天満近辺のランチをメインに紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

嵐山 嵯峨野 トロッコ列車

嵐山 嵯峨野 トロッコ列車

トロッコ亀岡駅から、トロッコ嵯峨駅まで乗って来ましたよ☆

今は、観光列車用の線路となっておりますが
昔は、こっちが本物(!?)のJR山陰本線やったんですよ~。
小学生のころ、この路線に乗って保津峡へ遠足に行ったよね。
懐かしいね~。
20120324-17.jpg
無駄に写真が多いので、折りたたみます。


今日は、朝から雨が降ってたんやけど
昼くらいからは、雨が上がったので、乗る事にしましたよ。

シーズンオフなので、余裕で当日券が買えました。

トロッコ亀岡駅の上から外を見ると、お馬さんが居はりました。
馬車観光が出来るんやって☆
へえ~~~。一回乗ってみたいわぁ。
20120324-15.jpg

さあ、出発!
一応、指定席が発行されるのですが
「今日は寒いですが、勇気のある方は(笑)5号車の窓なしの車両へどうぞ」
とのアナウンスがありましたので
早速、そちらへ移動しましたよ☆
寒いけど、窓なしの方が綺麗に写真が撮れるもんね。(^^)
20120324-18.jpg
とは言っても、シーズンオフの保津峡は、めっちゃ殺風景です。(^^ゞ
桜&新緑&紅葉の季節はとても素晴らしい景色なのですが
その頃は、とてもじゃないけどチケットが買えないからね。
今日は、乗れただけでもOKといたしましょう。
20120324-25.jpg
わかりにくい写真で申し訳ありませんが
この車両は、足元がスケスケな設計(?)になっていて
ちょっとだけ、スリリング!
レンズカバーなどを落とすと、線路に落ちて拾えなくなっちゃう!?
気を付けないといけませんね。
20120324-26.jpg

カヌーに乗っている人を発見!
今日はとても寒いのに。
結構な激流の箇所もあるのに。
凄いですね~。
20120324-19.jpg

トロッコ保津峡駅に到着です。
ちなみに、この駅は、
深作欣二監督の映画「蒲田行進曲」で
ヤスが身重の小夏をつれて帰郷するシーンに使われた駅なんですよ。
「故郷の熊本に錦を飾る」シーン出てきた駅が、保津峡ですよ!!
京都人には、違和感アリアリでした。(^^ゞ
まぁ、撮影していたのが京都の太秦やから
同じJR沿線と言うことで、手軽にロケされただけなんでしょうけど☆
20120324-20.jpg
当時は、本当に使われていたJR山陰本線の保津峡駅やったけど
今は「トロッコ保津峡駅」になりました。
ので、この写真の駅と、映画に出てくる駅とは、少し違うと思います。

この置物は、いつから置いてあるんやろ??
20120324-21.jpg

保津川下りの船が見えました!(^^)
これも久しぶりに乗りたいなぁ~~~。
20120324-27.jpg

こちらの船は、食べ物や飲み物、お酒などが売っていまして
保津川下りの船専門の売店です。
20120324-28.jpg

こちらのお宿は、船に乗ってしか行けないんやって☆
20120324-29.jpg

そんなこんなで、トロッコ嵯峨野駅に到着!

昔のトロッコは、こんなんやったそうです。
20120324-30.jpg

外に出ると、ドーン!と機関車が飾ってありました。
20120324-31.jpg

JR嵯峨野駅の窓から、トロッコ電車が見えました。
20120324-32.jpg
あぁ、久しぶりに、昔懐かしい景色を見る事が出来ました。
楽しかった~(^^)
******************************************
写真は、デジ一眼で撮りました。
標準ズームレンズです。

何も考えず、パチパチ撮ったのですが
電車の速度が速かったのか、
ほとんどの写真の木が、流れて(?)写っていました。
今考えれば、いわゆる「運動モード?」=シャッタースピードを速くして撮れる設定にしときゃよかったのですね。(T_T)
失敗です。
******************************************
関連記事

| 京都の日記 | 21:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。