My Sugar Life vol.1

*sweets & peace always* 京都のパンや甘味&大阪市北区西天満近辺のランチをメインに紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今、自分に出来ることを考える

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の被災地の皆様
謹んでお見舞い申し上げます。

日本全体が大変な時に
今、自分が出来ることをいろいろ考えていらっしゃる方も多いと思います。
私の場合は・・・

今、自分が出来ることを考える①・・・募金
私は、郵便局より振込ました。

知らない方もいらっしゃるかと思いますが
募金金額によっては所得税等の控除対象になります。
詳しくは、国税庁のHPより
募金団体を通じた義援金等に係る税務上の確認手続きについて
又は
一定の寄附金を支払ったとき(寄附金控除)
をご覧ください。

概要で言いますと
国が認めた機関に、義援金・寄付金した場合
個人の場合は、所得金額の40%又は寄附金額のいずれか少ない方の金額から2千円を控除した金額をが所得税の控除対象になるのです。

控除を受けるためには、確定申告をしないとダメなんですけどね。

確定申告を行うために、
義援金を寄附したことが確認できる書類(証明書類)が必要なんですけど
知り合いの税理士事務所にお伺いすると
日本赤十字社が、郵便局に置いている
専用振込用紙の受領書が、証明書として使えるとのお話を伺いましたので、郵便局から、振り込むことにいたしました。

窓口から振り込んだんですけど、振込料も無料ですしね。

とても簡単に募金出来ました。
20110324-21.jpg

日本赤十字社以外でも
国に認めてられている団体がたくさんありますよ!
ちょっと、調べてみてください。
良いことをして、税金が還付されるなんて、嬉しいですよね!


この話を、友達にしたんです。

友達①
「ほんの少しの金額が返ってくるだけちゃうん?
手続きする手間の方が、お金かかるんわ!!」

友達②
「知らんかった!教えてくれてありがとう!
旦那と一万円ずつ寄付しようって言っててん。
18000円が控除になるのは、ありがたいわ!」

って感じの、2種類の答えが返ってきました。


友達①は、お父様、ご主人様、ご本人共に会社員ということで
確定申告に縁が無い子です。

友達②は、ご主人が自営業で、毎年確定申告をしてはる子です。

そういう私も、毎年確定申告してるので
書類を書くことに、何の抵抗もないのですが
普通のサラリーマンは、確定申告って何?って感じなんでしょうね。

わざわざ役所まで書類を取りに行かなくっても、
その時期(毎年2月中旬~3月中旬)になると
国税庁のHPから、ダウンロード出来るし
その書類を郵送で送ることも可能!!


一回チャレンジしてみてください!

**************************************
今、自分が出来ることを考える②・・・献血

今、特に、血液不足が報道されている事はないので
まだ行っていません。
そういう報道があれば、すぐに行けるように
体調に気をつけて、スタンバイしておきます。

**************************************
今、自分が出来ることを考える③・・・節電

今、関西電力は、
今回の災害のための節電を呼び掛けてはいませんが
災害にかかわらず、
日常生活の中で、節電するということは、
とても大切なことだと思います!(^^)

私は以前よりずっと「節電すること」を心がけておりますし
この先も、節電は続けて行こうと思っています。

**************************************
今、自分が出来ることを考える④・・・噂に惑わされない

チェーンメールや、悪質な義援金詐欺
風評被害に惑わされないように
情報を見極め、心穏やかに過ごして行きたいと思います。

**************************************
今、自分が出来ることを考える⑤・・・支援物資

個人で支援物資を被災地に送ることは、迷惑になるそうですし
他府県の自治体や、いろいろな団体で
個人からの物資を受け付けているところもありますが
ほとんどのところで
まとまった数での物資を優先的に受け付けていらっしゃるようで
個人の力は微力で「何かしたい」と思っても
なかなか形にならず・・・

そんなときに、
オーガニック洋裁カフェ 柴洋 sibayo
の、柴洋日記に
震災救援ぞうきんプロジェクト ~ 縫わずにはいられない ~
の記事を見つけました。

復興時(1か月後くらいを目安)に使っていただける雑巾を
手縫いで縫って、送りましょう。というプロジェクト。

これを見たときに
「参加したい!けど、全てを失った被災者の方が、手縫いの雑巾を貰って嬉しいのか?」と、思いました。
3日間考えて、考えて、私自身が出した結論は
「もし、被災者の方がいらないと思っても
被災地の市役所や、学校で使ってもらえるやん!参加しよう!(*^_^*)」でした。

柴洋様にお伺いすると
雑巾だから、新品のタオルでなくっても良い。とのこと。
気軽に参加できます!

今、一生懸命、チクチク縫ってます。(^^)
関連記事

| 日記 | 14:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。