My Sugar Life vol.1

*sweets & peace always* 京都のパンや甘味&大阪市北区西天満近辺のランチをメインに紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紫野和久傳 堺町店 茶菓席

和久傳
堺町店:京都市中京区堺町通御池下ル東側

お昼頃に行ったので、ご飯メニューもありました。(^^)

鮑と木の子の飯蒸しと一口菓子のセット 1260円
近海で取れた鮑と秋の木の子を使った飯蒸しを、鮑の貝に詰めました。
和久傳
豪華ですね!
丁寧に蒸されたもち米は、程よく柔らかく、薄味で美味しいです。
和久傳
一口菓子。
和久傳

まだお腹に余裕があったので(笑)、お菓子もいただきました。

季節菓子
茶菓席限定 おはぎ(道明寺・こしあん製)
抹茶もしくは水だし煎茶つき 840円

万葉集で一番多く登場する萩の花。
ほろ苦い銀杏を裏ごしし、練り上げたあんを、おはぎにかけました。
青くまるい萩の葉に見立てた、野趣あふれる秋のお菓子をお召し上がりください。

和久傳
おはぎって、もち米で作るイメージがあるのですが
道明寺で作るって、珍しいですね。
そして、その上に銀杏を乗せるという発想!
上品で美味しかったです。
和久傳
帰りに、レジで
「ご飯とお菓子と、両方召し上がっていただいてありがとうございます」
とご丁寧にお礼を言ってくださったのですが・・・
何だか大食いがばれちゃって恥ずかしかったです。(^^ゞ
**********************************
手みやげをひとつ(和の巻)

手みやげをひとつ(和の巻)

価格:1,470円(税込、送料別)

関連記事

| 京都で甘味 | 18:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。